筋トレを行う際の注意点

フィットネスクラブでは様々なトレーニング器具を使用することができるので、充実した筋トレを行うことができます。魅力的な施設になるので多くの方が利用していますが、ある程度知識も身につけておかないと後々後悔をする結果になることもあるので、ここではどんな注意点が存在しているのかについて紹介します。

まず1つ目の注意点としては、ベンチプレスなどを使用する時には一人でトレーニングを行わないようにすることです。トレーニング器具によっても異なりますが、特にベンチプレス等を行う場合には一人でトレーニングをすると万が一持ち上げることができない場合はトレーニング器具の落下の可能性もあります。ケガに繋がるので、そうならないためにも一人では行わないようにしましょう。

続いて2つ目の注意点はしっかりと水分を補給することです。特にあまりトレーニングなどをしたことがない人はどんな感じか分からないので水分などを持っていかない人がいますが、大量に汗をかくことがあるので、脱水症状にならないためにも水分補給は大切です。

このように注意点について説明をしましたが、注意すべきことは守ってトレーニングをすることでより効果的に筋肉を鍛えることができるので、守るべきことは守るようにしましょう。

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせた筋トレ

フィットネスクラブを利用している人の中には筋トレを中心に行っている人もたくさんいます。確かに筋トレを行った方が筋肉を引き締めることができますし、強い身体を作り上げることができます。しかし、最も効果的な筋トレと言われている方法は無酸素運動と有酸素運動をミックスさせて行うことです。

まず無酸素運動について説明しますが、これは酸素を使わずに短時間で強い負荷をかけてトレーニングを行う方法です。主にフィットネスクラブではトレーニング器具を使用した方法になりますが、無酸素運動は一度行ったらある程度の期間は休む必要があります。完全に休ませる人もいますが、休んでいる期間は有酸素運動を取り入れた方がいいと言われています。

そもそも有酸素運動とは何かというと、これは無酸素運動とは違い、酸素を取り入れながら筋肉に比較的弱い負荷をかけて長い時間にわたって行うトレーニング方法です。無酸素運動のように強い負荷をかけないので、比較的休ませなくても続けられるトレーニングです。有酸素運動は脂肪燃焼効果もあるので、無酸素運動とミックスさせて行うことでしっかりと身体を引き締めることが可能です。基礎体力の向上にもつながるので、なるべくミックスさせてトレーニングは行った方が効果的だと言われています。